FC2ブログ
 

健康オタクの雑文置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★量子論の不思議

小学校高学年くらいの頃だろうか。
物質を究極に切り刻み、分割してゆくと、すべてのモノは「原子」でできているという。
ほぇーっ、人間も、犬も猫も、ガラスも石もプラスチックも、
突き詰めると「原子」からできているってかー!

ところが、現代物理学は原子よりもさらにミクロな物質があることをつきとめた。
よくもまあ、そんなことを発見したもんだ。これを一般に「量子物理学」「量子論」という。

素粒子とは

実に、1ミリメートルの1000万分の1よりも小さな世界である。
究極的には、僕もあなたも素粒子からできているのだ。
こうしたミクロの世界では、僕らの常識が通じない。
モノは粒、すなわち原子でできているということはなんとなくわかる。
しかし、量子論では、「量子は“粒”であるとともに、“波”としての性質を持つという。
量子は非常にあいまいに、現れたり、消えたりもしているという。

つまり、僕らのからだもまた、“波”のようにゆらゆらと、“存在したり、しなかったり”するわけだ。(理論的にはそうなってしまう)
また、電子の性質を探る実験をしたところ、電子は人が見ていると“粒”の性質を現し、
人が見ていないと“波”の性質を現すという。

存在というのは確固たる自明の事実ではなく、
きわめてあいまいなものであることを、量子論は「科学」として
つきとめてしまった。

詳しく書くとややこしくなるが、これって、すごいことじゃないかと。。。


♪♪♪Thank You So much♪♪♪♪♪♪♪♪♪

健康のことなら何でも♪.Com
http://genki06.ptu.jp/
HPも見てネ♪

TOP
このブログ「健康オタクの雑文置き場」TOPへ

Look Up
最新記事10本がひと目でわかります。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。