FC2ブログ
 

健康オタクの雑文置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★久々にいい映画を観た



週末はDVDを借りて観ることも多いのだが、3年前の作品。

クラッシュ(Crash)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加え、自ら製作と監督も務めている。2006年度のアカデミー賞三部門(作品賞・脚本賞・編集賞)を受賞。

映画解説風に書くなら、

……様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が高まるアメリカ・ロスを舞台に、次々と引き起こされる人と人との“衝突~広い意味でのCrash”の連鎖によって、運命を狂わされていく人々の姿を描き出す。

と、いうことになるのだろうが、最初のうちはストーリーが動かなくてさっぱりわからない。
しかし、小さなエピソードが集積され、重なり、次第に大きなテーマへと迫ってゆく。

人間の中に巣食う「善」と「悪」が、日常の中でくっきりと描かれてゆく。
それが妙にリアルなのだ。

ストーリーを紹介するとネタバレしてしまうが、この映画がアカデミー賞を受賞した瞬間、
会場には「意外なため息」があふれたという。
大仕掛けな舞台設定もなければ、センセーショナルなテーマを扱ったわけでもない。
言うなれば「地味な佳作」であり、まさかこれが作品賞? といったところなのだろう。

一方、不名誉な賞も受賞している。
映画に見られる暴力、セックス、タバコ、下品さなどを調べる保守的な映画監視団体ファミリー・メディア・ガイドが、2006年度、最も俗悪な映画として『クラッシュ』を選んだのだ。
同団体によると、この映画の中で使われているののしりや卑猥な言葉は182語、暴力は62回、性的内容は16箇所に上るとのこと。よく数えたもんだなぁ(笑)

映画はいいなあ、映画大好き。
映画館で観るのもいいけど、家でのんびり酒でも飲みながら観るのもまたいい。
ちなみに僕の家では5.1chのサウンドシステムを愛用している。

サイトでも紹介したが、そんなにお金もかからない。
ホームシアター大作戦


♪♪♪Thank You So much♪♪♪♪♪♪♪♪♪

健康のことなら何でも♪.Com
http://genki06.ptu.jp/
HPも見てネ♪

TOP
このブログ「健康オタクの雑文置き場」TOPへ

Look Up
最新記事10本がひと目でわかります。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。