FC2ブログ
 

健康オタクの雑文置き場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★41歳寿命説再び




41歳寿命説 西丸震哉著
この本は実に1990年に出版だから、もうずいぶん古い本だ。
1959年以降に生まれた人は、40歳すぎには死んでしまうという。
高度成長時代を乗り越え、日本人の食生活、ライフスタイルは大きく変化し、
加えてさまざまな環境問題、食品添加物の問題などが浮上した。

そんな時代に生きる人間は、短命にならざるを得ない。
当時、この本を読んだ僕は「ホントかねえ。。。」と思ったものだが、
(ちなみに僕は1958年生まれだから、ぎりぎりセーフ?)
今、読み返すと日本人の短命化は加速されているのかも知れないと思う。

……でもねえ、1959年生まれの人は今年で49だけど、実際どうなのかな?
今読むと面白い本ではある。

♪♪♪Thank You So much♪♪♪♪♪♪♪♪♪

健康のことなら何でも♪.Com
http://genki06.ptu.jp/
HPも見てネ♪

TOP
このブログ「健康オタクの雑文置き場」TOPへ

Look Up
最新記事10本がひと目でわかります。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。